カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
自分インタビュー
世の中には腐るほどトイがあるじゃないですか。それこそピンキリ、ピンカラ兄弟。トイ屋って看板掲げるって事はプロなんだから、何でもかんでも並べちゃいかんですよ。
僕は自分の「あー、コレ売りてぇー」って感覚で勝負したいんですよ。
ぶっちゃけ、資金力不足ってのもあるんですけどね(笑)。ただ、ジャラ銭握ってお菓子選ぶ子供って「絶対にイイ物見つけるゾ」って目をしてるでしょ。あの目でバイヤーやっていけたらなーって思います。これはマジで。 え?僕ってロックですかね?嬉しいですけど、それは人が決める事ですからねー。まぁ、そういう風には見られていたいとは常々思っているんでね、頑張れ自分!って感じで。
05/8/20 都内某所 - マロン栗原
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Discounted f..
from Discount fligh..
want quota o..
from want quota of ..
budget short..
from budget shorter..
Cheapest fio..
from Fioricet.
searching me..
from searching medi..
discount lin..
from discount line ..
line golden ..
from line golden ru..
cbocric
from monnobolet
nonobocerbop
from trocol
liouorc
from dartrocc
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


追悼
2001年の9月11日。
それはマロンにとって、なんでもない普通の一日で、
深夜にやりこんでいたFFに飽きて、なにげなくテレビをつけたんだ。
その番組では映画がやっていた。
世界貿易センタービルに飛行機が突っ込んで、人がバラバラと落ちていた。
マロンにとって、それは映画だった。
そのニュースは何時間見ててもただの映画だったんだ。
その後牛乳飲んで、普通に寝て、
次の朝、普通に会社に行った。
それから5年が経ちますが、普通に暮らしています。

そんなもんだ。なんだか分からんが、そんなもんだ。
あっちこっちで戦争してるけど、人間の歴史なんてそんなもんだ。

最近ね、疲れていても電車でおじぃちゃんおばぁちゃんに席を譲ります。
お金が無くても募金します。ゴミはちゃんと拾います。悪いことは「悪い」と言います。
良いことをすれば、優しい気持ちになります。

自分が変われば世界が変わると信じています。
人間の未来は光で満ち溢れています。




 
さてさて、今日は何位になっているでしょうか?
そこのアナタ!アーナータ!ワンクリック、おねがいしやーす!
[PR]
by netoy | 2006-09-11 18:46 | モテろ!マロン英雄譚
<< 鉄生追悼 日焼けサロンでアデオスに >>