カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自分インタビュー
世の中には腐るほどトイがあるじゃないですか。それこそピンキリ、ピンカラ兄弟。トイ屋って看板掲げるって事はプロなんだから、何でもかんでも並べちゃいかんですよ。
僕は自分の「あー、コレ売りてぇー」って感覚で勝負したいんですよ。
ぶっちゃけ、資金力不足ってのもあるんですけどね(笑)。ただ、ジャラ銭握ってお菓子選ぶ子供って「絶対にイイ物見つけるゾ」って目をしてるでしょ。あの目でバイヤーやっていけたらなーって思います。これはマジで。 え?僕ってロックですかね?嬉しいですけど、それは人が決める事ですからねー。まぁ、そういう風には見られていたいとは常々思っているんでね、頑張れ自分!って感じで。
05/8/20 都内某所 - マロン栗原
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Discounted f..
from Discount fligh..
want quota o..
from want quota of ..
budget short..
from budget shorter..
Cheapest fio..
from Fioricet.
searching me..
from searching medi..
discount lin..
from discount line ..
line golden ..
from line golden ru..
cbocric
from monnobolet
nonobocerbop
from trocol
liouorc
from dartrocc
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マロンと愉快な仲間達。

ずっとヒーローでありたい・・・
ただ一人、君にとっての・・・。

どーも!ネットーイブローグTVをご覧の皆様ぁ~!
ナビゲーターの鮎貝健でぇーす。もとい、マロン栗原でぇーす。

e0052664_164339.jpgいやぁね、最近、ココ一年くらいでね、色々な人たちと出会うわけなんですけど、とにもかくにも、面白い人が多くてね、最近もまた、いい出会いがあったわけですが、今回もそう思ったのだが、やっぱ毎回思うことがある。

人は、人生のという旅の途中で、多くの人と出会う。その中に、「共に生きてゆきたい」と想える人がどのくらい存在するだろうか。うまくいってるときも、そうじゃないときも。
自分たちが描いたテッペンへ向かって、真剣に立ち向かう時間を共有した仲間達。そんな仲間とは、いつまでも共に生きて生きたいし、いつまでも共に生きるんだろうな、と想う。

どこかで読んだ本に書いてあったことだけど、やっぱり毎回そう思う。

え?いままでに何人の人がマロンと共に生きているか??

え~、一人もいませんっ!

人っ子一人いませんねっ!
え~。え~。

まぁいるとすれば『お金』ですかね!『お金』!
僕の仲間はお金です!
え~え~。

お金で買えないものはネーんだよ!このマヌケめがっ!


あれ・・・?あれれ・・・?
目からお水が溢れてくるよ?

なんでだろ・・・?

目からお水が・・・・溢れてきます・・・・。





 
さてさて、今日は何位になっているでしょうか?
そこのアナタ!アーナータ!ワンクリック、おねがいしやーす!
[PR]
by netoy | 2006-11-04 16:28 | モテろ!マロン英雄譚
<< 聖痕 メジャーへの挑戦 >>